【ドラクエビルダーズ2】ドット絵を上手く作る秘訣はアイロンビーズにあった!

ドット絵に挑戦してみたいけど図案(サンプル)がなくて途方に暮れている人はいませんか?

ドット絵を自分で作るにはかなりのセンスが必要で時間もかかります。大抵の人はまずネットで検索しドット絵の図案を探すのではないでしょうか?

しかし、作りたいキャラクターのドット絵がまるで見つからない!

スライムやドラキーのような小さくて人気のあるキャラクターはすぐに見つかるのですが、他のキャラクターのドット絵は非常に少ないです。

たとえ見つかったとしても高さ200段超えの超大作で泣く泣く断念することに。ビルダーズ2では真似できないようなドット絵が多かったりします。(ビルダーズ2の高さ上限は海底から100マスくらい)

ドット絵変換ソフトを使用してみても、すべての画像が上手く変換されるわけではありません。中にはごちゃごちゃしていてよくわからない絵ができたりします。困った…。

そんな時、途方に暮れていた私を救ったのがアイロンビーズでした!

アイロンビーズとは

パイプ状に切られたビーズをプレートの上に並べ、アイロンでくっつける玩具のことです。

アイロンビーズでドラクエのキャラクターを再現している方がいて、「すごいなぁ~*´ω`*」と呑気に眺めていたのですが、よく見るとアイロンビーズってドット絵と同じではありませんか?

目から鱗、希望の灯が見えたような気がしました!私が求めていたものがアイロンビーズにあった!

1つのビーズを1ブロックとして数えるとビルダーズ2でも応用することが出来そうです。

さっそく真似してみることにしました!

真似してドット絵を作ってみた

私がドット絵で作りたかったキャラクター「マルティナ」を既にアイロンビーズで作っておられる神がいらっしゃいました!圧倒的感謝。

図案が見つかれば後は色の合うブロックを準備して積み上げていくだけです。

完成したドット絵がこちら。

素晴らしい!

どこからどう見てもマルティナです。ポニーテールもはっきりと分かります。素晴らしい!

使用したブロックの紹介です。

「ドットデコーダー」で作れるカラーブロックは「ブラックブロック」と「ベージュブロック」のみを使用しています。

最初は「ドットデコーダー」で作れるブロックだけでドット絵を作ったのですが、のっぺりとした感じになってしまったのでやり直し。ブロックのつなぎ目が無くなるのが裏目に出ました。

代わりとして「布の床・緑」を使用したところ、布の質感を上手く表現してくれたので採用。「布の床」は染色するときれいな色になるのでドット絵を作る際にオススメの建材です。

モロパクリするのもどうかと思ったので「ポニーテール」と「腰のスカート」を追加でアレンジしてみました。黒色を2種類使用して影を付けたりもしています。

マルティナの服装を観て気が付いたのですが、腰にスカートが取り付けられているのにも関わらず、前だけ取り外して足を魅せているんですよね。素晴らしすぎる!

ドット絵を探すときは「アイロンビーズ」も一緒に検索しよう

ドット絵の図案が見つからない時は「アイロンビーズ」を付け足して検索してみましょう。

きっと求めているキャラクターのドット絵が見つかるはずです。

また、アイロンビーズの図案を自分で作る方法なども数多く紹介されていますので興味のある方は調べてみてください。ドット絵作成が捗ると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ドット絵を作るときのコツなどを紹介している記事があるので興味のある方はどうぞ!

【ドラクエビルダーズ2】誰でも簡単にできるドット絵の作り方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です