【MHWI】散弾ヘビィのテンプレ装備を紹介!おすすめのカスタマイズ【アイスボーン】

アイスボーン散弾ヘビィ「王牙砲(震雷)」のテンプレ装備を紹介します。

レアな装飾品を必要としない装備の組み合わせ、ボウガンのおすすめカスタマイズを考えてみました。

ジンオウガのヘビィボウガン「オウガ砲」を使用することで、歴戦古龍を安定して攻略することが可能です。

効率的に装飾品を集めましょう!

散弾ヘビィのテンプレ装備を紹介

テンプレ装備

武器:王牙砲(震雷) 強壁珠
頭:EXジャーナルヘルムβ 痛撃珠×2
胴:EXキリンベストα 散弾珠、超心珠
腕:EXアーティアアームβ 耐衝・体力珠
腰:EXアンガルダコイルβ 達人珠II、散弾珠
足:EXガルルガグリーヴβ 解放・治癒珠、超心珠×2
護石:鉄壁の護石V(業物の護石)  
装衣:強打の装衣・改 KO珠×2
装衣:不動の装衣・改 攻撃朱×2
発動スキル
見切りLv7 ガード性能Lv5
体力増強Lv3 属性解放/装填拡張Lv3
超会心Lv3 弱点特効Lv3
散弾・剛射強化Lv2 体力回復量UPLv1
精霊の加護Lv1 ひるみ軽減Lv1
ガード強化  

散弾ヘビィのテンプレ装備の紹介です。

「王牙砲(震雷)」を使う際にオススメのスキルは「散弾・剛射強化」と「属性解放/装填拡張」です。メインで使うことになる「散弾Lv3」の攻撃力を上げ、装着数を増やすことが出来ます。

安定して攻略することを目的としているので、「ガード強化」や「ガード性能」のスキルを採用してみました。もし必要なければ、護石を「業物の護石」に変更しましょう。

4スロットの装飾品で「+体力珠」のスキルが付いている装飾品が揃っていれば、もう少しスキル構成に幅が出ます。「痛撃・体力珠」の装飾品があるならば、そちらを採用しましょう。(私は装飾品が全然揃っていないので断念)

ソロの場合は、装衣の再使用時間を待つ間にモンスターを倒せてしまうので「整備」スキルを外しました。マルチで散弾ヘビィを使う予定の人は「整備」スキルもオススメです。

レアな装飾品を必要としない組み合わせ

武器:王牙砲(震雷) (強壁珠)
頭:EXボロスヘルムβ 達人珠II、達人珠
胴:EXシルバーソルメイルβ (鉄壁珠)
腕:EXレックスロアアームα (散弾珠)
腰:EXガロンコイルβ 痛撃珠、達人珠
足:EXゴールドルナグリーヴα 達人珠
護石:覚醒の護石III  
装衣:強打の装衣・改 KO珠×2
装衣:不動の装衣・改  
発動スキル
見切りLv7 体力増強Lv3
属性解放/装填拡張Lv3 弱点特効Lv3
ガード性能Lv3 攻撃Lv2
超会心Lv2 散弾・剛射強化Lv1
ガード強化  

レアな装飾品をなるべく使わないような装備の組み合わせを考えてみました。

()で区切られている装飾品は比較的レアな装飾品です。なければ別の装飾品を付けましょう。

「痛撃珠」が1つでもあれば作成可能な組み合わせになっています。希少種やティガレックス亜種と戦っているうちに痛撃珠の1つや2つ入手していると思うので、誰でも作ることが出来るはずです。多分。

装飾品がある程度揃っていれば、上で紹介した装備とほぼ同じスキル構成にすることが出来ます。しかし、空きスロットの数が少ないので拡張性はありません。そこが上の装備との違いです。

ラージャン防具との組み合わせ

武器:王牙砲(震雷) 強壁珠
頭:EX金色ノ添髪β 超心・体力珠、体力珠
胴:EXキリンベストα 散弾珠、守勢珠
腕:EXアーティアアームβ 耐衝・体力珠
腰:EX金色ノ帯β 達人珠II、散弾珠
足:EXガルルガグリーヴβ 守勢・解放珠、超心珠、超心珠
護石:鉄壁の護石V  
発動スキル
見切りLv7 ガード性能Lv5
体力増強Lv3 属性解放/装填拡張Lv3
超会心Lv3 弱点特効Lv3
散弾・剛射強化Lv2 攻めの守勢Lv2
精霊の加護Lv1 ひるみ軽減Lv1
ガード強化  
シリーズスキル
心眼/弾道強化

「EX金色シリーズ」を採用した散弾ヘビィ装備になります。

ラージャンの防具を2か所装備することでシリーズスキル「心眼/弾道強化」発動し、王牙砲の散弾の威力を高めることが出来ます。

ただし、「超心・体力珠」が必要なので作成難易度は高めです。

装飾品が足りなかったので「攻めの守勢」をレベル2で妥協しました。

おすすめのカスタマイズ

反動抑制パーツ

散弾ヘビィ「王牙砲(震雷)」をカスタマイズする際は、「反動抑制パーツ×1」を付けることをオススメします!

「反動抑制パーツ」を1つ付けることで、散弾Lv3を撃つときの反動が「中」から「少」に軽減されます。

反動が「中」の場合、弾を8発打ち切るのに約8秒。それに対し反動が「小」の場合、弾を打ち切るのが約6秒です。たった2秒の差しかありませんが、体感でも分かるくらい差が出てしまいます。

攻撃チャンスを増やすため「反動抑制パーツ」を付けておきましょう。

シールドパーツ

散弾ヘビィに「シールドパーツ」は必須です!

必ず1つ以上は積んでおきましょう。ヘビィボウガンは移動が遅いので、基本的にはモンスターの攻撃をシールドで受け止めながら立ち回ることになります。

安定を求めるなら「シールドパーツ×3」がオススメ。

モンスターによってはシールド1枚でも充分だったりするので、その分は「近接射撃強化パーツ」を積みましょう。

特殊照準パーツ

アイスボーンで追加されたボウガン用のスコープ「特殊照準パーツ」についてですが、ヘビィボウガンを使い慣れていない人は無理に付ける必要ありません。

照準を合わせ、超適正距離の位置を保ちながら攻撃すると与えるダメージが増えるパーツなのですが、かなり使いにくいです。安定性に欠けるので、慣れないうちは外しておきましょう。

オウガ砲はスコープなしでも十分すぎるほどに強力です。

カスタム強化

カスタム強化は「回復能力付与」がオススメです。

なるべく武器を収めて回復するという動作を減らしたいので回復カスタムを採用しています。

「傷つけ」て肉質を柔らかくする前提で立ち回ることになるので「会心率強化」はあまり必要ないかな?

スキル構成によって使い分けてください。

効率的に装飾品を集めよう!

4スロットの装飾品を集めるためには歴戦個体のモンスターを倒す必要があります。

散弾ヘビィを使えば歴戦個体を10分以内で周回することが出来るので、効率的に装飾品を集めることが可能です。

周回するのに疲れた方は散弾ヘビィを担いでみてください。なぜ皆がヘビィボウガンを使っているのか、その理由が分かると思います。

ちなみに、メインの太刀で戦うと10~15分かかります。ちょっと複雑な気持ち..。

相性の良いモンスター

散弾ヘビィと相性が良いと感じたモンスターは「テオテスカトル」と「イヴェルカーナ」です。

テオはほとんど地上にいるので撃ち放題です。イヴェルカーナも意外と戦いやすく、攻撃チャンスが多いように感じました。

この2体であれば、上手い人ならおそらく5分を切ることが出来るでしょう。

相性の悪いモンスター

逆に、相性が悪いと感じたモンスターは「ナナテスカトリ」です。

テオの親戚だから似たようなものだろうと思ったのですが、無事に3乙しました!

奴は「風圧+スリップダメージ」という超極悪な攻撃を連発しています。シールドを付けても防ぎきれないので、気が付いたら体力が半分以下になっていることが多々あります。

移動が遅く、納刀時間が長いヘビィボウガンとは相性最悪です。素直にメイン武器を担いだ方が良いでしょう。

戦い方の注意

散弾ヘビィで戦う際は、基本的にモンスターの顔を狙います。

モンスターの弱点部位以外を攻撃しても、ほとんどダメージが入らないので注意しましょう。

また、散弾ヘビィは火力を出すために、クラッチクローからの武器攻撃で傷をつける必要があります。モンスターの顔が常に傷ついている状態を保ちましょう。

散弾Lv3の調合分アイテムも忘れずに!ショートカット登録をしておくと便利です。

まとめ

散弾ヘビィ「王牙砲(震雷)」の装備紹介をさせていただきました。

めちゃくちゃ強いです!

ヘビィボウガンの扱いに慣れれば、ソロで歴戦古龍を5~10分で討伐することが出来ます。効率的に装飾品を集めたい人は散弾ヘビィを担いでみてください。

他にも、マルチで活躍できる各種ヘビィボウガンの装備紹介もしています。参考までにどうぞ!

【MHWI】貫通ヘビィのおすすめ装備を紹介!マルチで大活躍!【モンハンワールド:アイスボーン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です