【MHWI】歴戦クシャルダオラ対策装備の紹介!徹甲ヘビィで10分周回【アイスボーン】

アイスボーン「歴戦クシャルダオラ」の対策装備を紹介します。

マスターランクのクシャルダオラは閃光弾に耐性を得ただけでなく、竜巻や龍風圧なども強化され、対策しなければ近づくことすら出来ないモンスターとなってしまいました。戦うこと自体が罰ゲームのモンスターです。

そこで今回は、歴戦クシャルダオラを安定して攻略できる装備の組み合わせを考えてみました。徹甲ヘビィ「金獅子砲【重雷】」を使用すれば10~15分で安定して周回することが出来ます。

攻略に苦戦している人は参考にしてみてください。

歴戦クシャルダオラ対策装備の紹介

徹甲ヘビィ「金獅子砲【重雷】」

武器:金獅子砲【重雷】 無傷・体力珠
頭:EXゾラマグナヘッドα 無傷珠、KO珠
胴:EXゾラマグナハイドα 龍封珠、砲術珠
腕:EXゾークアームβ 無傷・体力珠、攻撃珠
腰:EXディアネロコイルβ 挑戦・体力珠、攻撃珠
足:EXゾラマグナフットβ 挑戦II、強壁珠
護石:攻撃の護石IV  

武器はラージャンのヘビィボウガン「金獅子砲【重雷】」を採用。

徹甲榴弾でスタンを取るのがこの装備の狙いです。

スキル構成を「砲術」や「KO術」など徹甲榴弾と相性の良いスキルで固めてみました。一応、「龍封力強化」も付けてみましたが、本当に効果があるのかは不明。

徹甲榴弾は固定ダメージなので「弱点特効」などの会心率上昇スキルは必要ありません。ですので、攻撃力を重視したスキル構成になっています。

また、徹甲榴弾が与えるダメージには上限があるみたいです。火力スキルを詰め込みすぎても無駄になってしまう可能性があるとか。紹介する装備はダメージ上限のことなど一切考えていないので注意してください!

EXアンガルダシリーズ

武器:飛竜刀【月】 体力珠
頭:EXアンガルダヘルムβ 痛撃珠×2
胴:EXアンガルダメイルβ 達人珠II、痛撃珠
腕:EXアンガルダアームβ 挑戦・整備珠
腰:EXアンガルダコイルβ 挑戦・整備珠、心眼珠
足:EXアンガルダグリーヴβ 挑戦・整備珠、超心珠、達人珠
護石:達人の護石IV  

剣士用の対策装備です。

なるべく4スロットの装飾品が重たくならないように装備の組み合わせを考えてみました。「挑戦・整備珠」の部分は何でも良いです。好きなスキルを積んでください。

EXアンガルダ防具を5か所装備することにより、シリーズスキル「真・大地縫纏」が発動します。装衣を装着している間、耐震Lv3、耳栓Lv5、風圧完全無効、ひるみ無効の効果を得られます。つまり「不動の装衣」と同じような効果を得られるということです。

シリーズスキルの効果で重要なのは「風圧完全無効」の部分。クシャルダオラの「龍風圧」を無効化させることが出来るので、かなり戦いやすくなるはずです。(風圧耐性を5まで上げてもクシャルダオラの龍風圧は防ぐことが出来ないので注意!)

「真・大地縫纏」を常に発動させるために「滑空の装衣」など装着時間が長く、再使用可能時間が短い装衣を選びましょう。

徹甲ヘビィで10分周回

クシャルダオラの厄介な所は「空を飛んでいる間、ハンター側は何も出来ない」という点です。

常に空高く飛んでいるので「ぶっ飛ばし」によるダウンが狙いずらくなっています。

地面に落とす手段が限られているので、攻撃できるチャンスが非常に少ないです。にも関わらず、竜巻と風圧による妨害を受け、近づくことすら出来ないのが現状。

少しでもストレスなく狩れる方法はないか色々と試してみた結果、徹甲ヘビィが一番楽だと感じました。徹甲ヘビィであれば安定して10~15分くらいで討伐することが出来ます。

以下、徹甲ヘビィ「金獅子砲【重雷】」を使用する際に注意すべきことのまとめです。

ボウガンのカスタマイズ

徹甲ヘビィには「弾丸重化パーツ」がおすすめです。

貫通ダメージが与えやすくなる他、気絶や減気の威力を高めてくれる効果があります。徹甲ヘビィはスタンを取ることが重要になってくるので弾丸重化パーツは外せません。

後は適当に「シールドパーツ」でも積んでおきましょう。機関竜弾を使う場合は「機関竜弾・改造」を付けても良いかもしれません。

使用する弾は徹甲榴弾Lv3のみ

金獅子砲【重雷】の場合、使用する弾は「徹甲榴弾Lv3」のみです。

徹甲榴弾を頭に打ち込む続けましょう。スタンから立ち上がった瞬間にもう一度スタンを取るのが理想。上手くいけば4、5回スタンをループさせることが出来ます。

「機関竜弾」を弱点部位に当て続けられれば、かなりダメージを稼ぐことが出来るのですが、ブレが大きく狙いにくいです。エイム力に自信のない方は無理に狙う必要はありません。かえって与えるダメージが落ちてしまいます。

調合分を含めた全ての徹甲榴弾を打ち込んでも歴戦クシャルダオラを倒すことは出来ないので注意。アイテム補充のために「モドリ玉」は必ず用意しておきましょう。

不動の装衣は使用しない

「不動の装衣」を装着することで、クシャルダオラの「龍風圧」を防ぐことが出来るのですが、竜巻の多段ヒットを食らいキャンプに送られてしまうリスクがあります。

ガンナーであればモンスターに近づかなくて済むので、風圧の心配をする必要はありません。

徹甲ヘビィの場合は「転身の装衣」と「強打の装衣」がおすすめ。

食事スキル「ネコの砲撃術」

食事スキル「ネコの砲撃術」を発動させることにより、徹甲榴弾の威力を高めることが出来ます。

5段目の列「花火師」系統の食材を4つ選択すると確定でスキルが発生します。肉系統で統一すれば「攻撃力UP【大】」の効果も得られるのでおすすめ。

マイセット登録しておくと便利です。徹甲ヘビィを使う際は食事スキルも見直してみてください。

(砲術スキルと重複しますが、倍率に上限があるとのこと)

まとめ

歴戦クシャルダオラの対策装備の紹介でした。

徹甲ヘビィを使用すれば、比較的安定して攻略することが出来ます。

しかし、戦いにくいモンスターであることに変わりはありません。

クシャルダオラとは出来る限り戦わないことをおすすめします!

あまりネガティブな意見を言いたくはないのですが、クシャルダオラと戦っても全く面白くありません!

正直、二度と戦いたくない()´д`()

装飾品を集める時は別のモンスターと戦いましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です