【MHW】オプションのカメラ設定を見直してみよう!討伐タイムが5分も短縮!(アイスボーン対応)

今一度、モンハンワールドの「オプション設定」を見直してみてはどうでしょうか?

特に、今までデフォルト設定のままで遊んでいた人は、少し変更するだけで劇的に遊びやすくなるはずです。

私は「カメラ設定」を変更しただけで討伐タイムが5分も縮まりました!

今回の記事では、初心者にもオススメの「カメラ設定」を紹介します。

アイスボーンで追加される設定と一緒に見ていきましょう!

オプション「カメラ設定」で見直してほしいところ

通常時のカメラ速度

通常時のカメラ速度を「通常」か「速い」に変更しましょう。

アイスボーンでは「イヴェルカーナ」のような動き回るモンスターが多数登場するので、カメラ速度が「遅い」状態では見失ってしまいます。モンスターを常に画面にとらえるために、カメラ速度を調節しておきましょう。

個人的には「速い」がオススメ!

ターゲットカメラの上下挙動

ターゲットカメラの上下挙動を「高さを合わせない」に設定しましょう。

スムーズにモンスターをターゲットすることができます。

補足として、「ターゲットカメラ」はボタンを押したときだけモンスターを正面にとらえるのに対して、「ロックオンカメラ」は画面が常にモンスターを追従します。

「ロックオンカメラ」は勝手に画面が動くのでオススメしません。

「ターゲットへの注目方法」で変更可能です。

カメラ距離

カメラ距離を「遠い」に変更しましょう!(超重要

カメラ設定の2ページ目で変更できます。

カメラ距離を「遠い」に設定することで、自分とモンスターの立ち位置を正確に把握することができ、モンスターの攻撃を避けやすくなります。特にモンスターとの距離が近くなる剣士の方に効果的です。

「歴戦王ネルギガンテ」など、弱点部位を正確に攻撃することを求められるモンスターにも対応することができます。

私は太刀で「歴戦王ネルギガンテ」を討伐するのに15分以上かかっていたのですが、カメラ距離を「遠く」に設定しただけで討伐タイムを5分も縮めることができました!

テストで転身、回避、オトモなしで挑戦してみたところ10分切り達成!

設定を変えるだけでここまで違います。

自分がものすごく上手くなったのではないかと錯覚するレベル!(たぶん勘違い)

必ず、カメラ距離は「遠い」を選択しましょう!

アイスボーンで追加されるカメラ設定

プレイヤーの透過表示

アイスボーンでは「シルエット透過」の設定が可能になります。

プレイヤーの透過率を「OFF」、「薄い」、「普通」、「濃い」の中から選びことができます。

モンスターなどに画面を遮られても、ハンターのシルエットが白く表示され見えやすくなりました。(画像では「濃い」を選択)

自分がどこにいるか見失わずにすむので便利かもしれません。一度、設定で試してみてください。

カメラ・照準速度に「みなぎる速さ」が追加

アイスボーンでは通常時のカメラ速度「とても速い」のさらに上、「みなぎる速さ」が追加されます。

選択肢が増えるのはいいことですが、正直使わないかな?

「とても速い」では満足できない人は設定してみてください。

カメラの導虫自動追従の設定が追加

アイスボーンでは導虫にカメラを合わせるかどうかを選ぶことができます。

これまでは画面が導虫を追従してしまい、違う方を向いてしまうことがよくありました。

導虫の設定を行うことで改善することができます。

この設定はありがたいですね!

まとめ

今回の記事で1番伝えたいことはカメラ距離の設定を「遠い」にすることです。

カメラ距離を設定するだけでかなり遊びやすくなるはずです。

アイスボーンまでに設定を見直しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です