【モンハンワールド】太刀装備をランクごとに紹介!アイスボーンまでに作るべき装備とは?

アイスボーンの発売が近づいてきました!

クエストを消化したり、装飾品を集めたりと忙しい日々を過ごしている復帰勢の方も多いはず。

最近復帰した人は今一度、アイスボーンが始まる前に装備を見直してみてはどうでしょうか?

歴戦王の防具なども追加され、装備の組み合わせの幅も広がっています。身に付けている装備よりも優秀な組み合わせが見つかるかもしれません。

今回の記事では、私が強いと思った太刀装備を紹介していこうと思います。

最近まで会心率の計算すら意識していなかった「にわか」ですが、それでも良ければどうぞ!

ゲームクリア後:HR16~

ゲームクリア後(ハンターランク16以上)で手に入る最強装備は「ゲラルトシリーズ」です。

これはにわかでも自信を持って言えます。

最強です!

装飾品を一切付けない状態でも戦えてしまう万能防具です。ハンターランクが50以上になっても余裕で通用するので本当にオススメ。

ゲームをクリアし、ハンターランクが解放されたら真っ先にゲラルト防具を手に入れましょう!

「ゲラルトシリーズ」の性能について解説している記事があるので参考にしてみてください。

 

太刀装備紹介なのに片手剣を装備しています。どうしようもありませんね!

カスタム強化解放後:HR50~

ハンターランクが50以上になると古龍の歴戦個体と戦うことができます。

また、「ベヒーモス」や「マムタロト」、歴戦個体よりも上位である「歴戦王」にも挑戦できるレベルです。

全ての防具が作れる前提で太刀の装備を組んでみました。

達人芸:火力重視

武器は「ガイラソード・火」、防具は「ドラケンシリーズ」に足だけ「オーググリーグγ」を装備しています。

会心率100%とシリーズスキル「達人芸」の組み合わせは非常に優秀!安定して火力を出すことができます。

兜割りの威力を高める「飛燕」、赤ゲージを保つための「強化持続」も付けてみました。

アイスボーンで弱体化されるスキルがいくつか入っていますが、「見切り」のスキルがあるので多少はカバーできるのではないでしょうか?

何も考えずに火力で押し切りたい人にオススメの汎用装備です。

加速再生:回復カスタム

武器は「カラミティペイン」、防具は「オーグγシリーズ」に頭だけ「フルドレスハット」を装備しています。

オーグγのシリーズスキル「加速再生」とカラミティペインの「回復カスタム」で回復しながら戦うスタイルとなっています。

エンシェント・レーシェンなどのスリップダメージを仕掛けてくる敵と相性の良い装備です。

武器の切れ味は「」と「剛刃研磨」でカバーしていますが、必要なければ取り外して「フルチャージ」を入れるのも良いかもしれません。私は被弾しまくるので却下。

エンプレスソードの滅尽派生」と「エンプレスシリーズ」の組み合わせを使うべきか悩んだのですが、火力を優先して「カラミティペイン」を使うことにしました。より安定を求めるなら「エンプレスシリーズ」で「超回復力」を付けるのも手です。

まとめ

ハンターランクが50未満の人は「ゲラルトシリーズ」、ハンターランクが50以上の人は「ドラケンシリーズ」と「オーグγシリーズ」を作るのがオススメです。

装飾品が揃ってきたら、私が組んだ装備よりも優秀な装備が出来るはずなので、その時は上手い人のスキル構成を参考にしてください。紹介した装備はあくまで装飾品が足りない時に組んだ一例です。

自分だけの組み合わせを見つけてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です