【MHWI】ジンオウガ亜種が12月のアップデートで追加!謎の黒龍も確認

2019年11月24日に開催された「モンスターハンターフェスタ’19-‘20」にて、モンスターハンターワールド:アイスボーン大型アップデート第2弾の情報が公開されました。

追加モンスター「ジンオウガ亜種」や導きの地の新エリア「氷雪地帯」などの紹介映像が公開。映像の最後には「謎の黒龍」の姿も確認できました。

第2弾アップデートは2019年12月5日(木)配信予定です。

ジンオウガ亜種が12月のアップデートで追加!

獄狼竜「ジンオウガ亜種」が第2弾大型アップデートで追加されます。

雷光虫ではなく、蝕龍蟲(しょくりゅうちゅう)という甲虫と共生。蝕龍蟲は龍属性エネルギーを体内に蓄積させており、そのエネルギーを利用してジンオウガ亜種は凍土や火山地帯などの厳しい環境に耐えているとか。通常種と同様、共生している甲虫の力を借りてハンターを攻撃してきます。

MH3Gで初登場。

当時の記憶では、とにかく蝕龍蟲による攻撃が厄介だったいう印象。

ハンターの方にホーミングしてきたような?

公開された紹介映像を見ても、やはり蝕龍蟲による広範囲攻撃がありそうですね。通常種には無い新モーションも確認できました。

龍属性を扱うモンスターということですが、同じ龍属性であるネルギガンテの武具が現状かなり強いので、ジンオウガ亜種の武器がどのような性能になるのかにも注目です。

氷雪地帯の追加

導きの地に「氷雪地帯」が追加。

寒冷地に生息しているモンスター「ベリオロス」などが導きの地に登場することになります。

溶岩地帯と同様に、氷雪地帯の環境に適応した「レアモギ―」も追加されるのではと予想。

謎の黒龍

モンスターハンターフェスタ’19-‘20、ジンオウガ亜種の紹介映像の終わりに「謎の黒龍」の姿も確認。第2弾大型アップデートの目玉となるモンスターです。

ミラボレアス?ゼノジーヴァの成体?それとも全く別の新モンスター?

「皆で楽しめれば」という藤岡さんの発言から、マムタロトのようなマルチ限定クエストなのではないかと予想。

詳しい情報はまだ出ていません。2019年12月4日(水)の「デベロッパーダイアリーVol.4」で新しい情報が出るのを待ちましょう。

今後の予定

他にも、12月には「アステラ祭」や「ホライゾンコラボ第2弾」などのイベントが配信予定です。

アステラ祭では新しいコスチューム(新防具か重ね着)が追加、ホライゾンコラボ第2弾ではストームスリンガーの強化とアーロイのワンセット防具の強化&追加などがあります。

2020年1月のアップデート情報はまだ公開されていませんが、モンハンワールド2周年ということで1月も豪華なイベントが行われるのではないでしょうか?

非常に楽しみですね!

終わり

以上、モンスターハンターフェスタ’19-‘20で公開された第2弾大型アップデートの情報のまとめでした。

詳細な説明は2019年12月4日(水)の「デベロッパーダイアリーVol.4」で公開されるとのことです。

新しい情報をお見逃しなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です