サイバーパンク2077はどんなゲーム?多くの人に期待されている理由とは

「Xbox E3 2019 Briefing」で行われたCD PROJEKT REDの発表で「サイバーパンク2077」が2020年4月16日に発売されることが明らかになりました。

遂に来たか!!

2018年のE3でサイバーパンク2077のpvが公開されてから、永遠のような一年間を乗り越え、ようやく発売日を知ることができました。

どれほどこの日を待ち望んだことでしょうか、興奮を抑えることができません!

「サイバーパンク2077」をより多くの方に知ってもらうために、いったいどのようなゲームなのか、その魅力を紹介します。

サイバーパンク2077はどのようなゲーム?

サイバーパンク2077とは「サイバーパンク2.0.2.0」(Cyberpunk 2020)の世界観や設定を基に作られたオープンワールドRPGです。

「サイバーパンク2.0.2.0」という退廃的で無秩序な近未来の世界をテーマにしたテーブルトークRPGが基になっています。テーブルトークRPGというのはゲーム機などを使わずに、紙や鉛筆、サイコロを使い”テーブル”で複数の人と”トーク”しながら楽しむテーブルゲームのジャンルの一つです。

すごろくや人生ゲームなどのボードゲームみたいなものと考えるとわかりやすいかもしれません。TRPGとボードゲームは違うジャンルなのですが、詳しい説明はここでは取り上げず、さっさと次に行こうと思います。

ストーリー

国家が権力を失い巨大企業が支配者として君臨する2077年、北カルフォルニア自由州に位置する巨大都市ナイトシティが今作の舞台。主人公の“V(ヴィー)”は権力と犯罪が支配するこの都市で成り上がろうとするドリーマーの1人です。私たちはV(ヴィー)を操作し、自分だけのストーリーを体験することになります。

富と権力を得るためにフィクサー、犯罪者、ならず者がナイトシティに集い、ナイトシティは犯罪で溢れかえるディストピアとなっています。この危険な都市でどのように行動するかはプレイヤー次第、上手く立ち回り金を手に入れ、名を上げましょう。ナイトシティには不老不死になれるインプラントの存在も噂されているとか。

オープンワールド

サイバーパンク2077の舞台となるナイトシティは広大なオープンワールド。

ナイトシティは6つの区画に分かれており、デモプレイで流れている映像は旧工業地区のワトソンです。移動手段に車が存在します。

多くの人が行き交う街中、怪しげな店が立ち並ぶ裏路地まで自由に探索することができるのはもちろんのこと、ナイトシティはロード画面無しでシームレスに移動することができます。また、サイバーパンク2077ではゲームオーバーになることはなく、護衛任務中に呑気にハンバーガーを食べていて、任務に失敗してもそのままストーリーが続くなど、高い自由度があります。

しかし、最も注目すべき点は圧倒的なインタラクティブ性です。

自動販売機で”二コーラ”を購入したり、屋台のおっちゃんに話しかけたり、街中に設置されているパネルに流れる広告にもアクセスすることができるなど、圧倒的な自由度がサイバーパンク2077の魅力です。従来のオープンワールドは目標地点に向かって走り続ける”お使いゲー”になりがちだったのですが、サイバーパンク2077では従来のオープンワールドの概念を打ち壊してくれることでしょう。

カスタマイズ

サイバーパンク2077では主人公のV(ヴィー)を自分の好きなようにカスタマイズすることができます。性別、容姿、髪型、肌の色、タトゥー、それ以外にも様々な個所を細かく設定可能です。

外見だけでなく”key life event”つまり生い立ちなども設定でき、キャラメイクによって初期ステータスが異なります。いわゆるクラスが存在せず、主人公の成長によって変わっていくとのこと。

服装も購入することで変更可能。サイバーウェアは見た目を変えるだけでなく、戦闘で役立つ能力を備えています。

追記:性別の選択の削除が決定!デモ版の時よりも、さらに多くのオプションが追加され、性別を選ぶ必要がなくなったとのことです。

一人称視点

サイバーパンク2077は普段は一人称視点で、車を操作時に三人称視点に変わります。

主人公の顔は主にムービーシーンなどで映るそうです。サイバーウェアを着用する際やステータス画面でもキャラの全体像を確認することができます。

一人称なので、こだわってキャラメイクしたキャラクターが映らないのはもったいないのでは?と思っていたのですが心配いらないようです。個人的にはフォールアウトのように一人称と三人称を切り替えることができれば、と思うのですが、よりサイバーパンクの世界に没頭してほしいという意思がCD PROJEKT REDにはあるのだと思います。

一人称でしか味わうことができない体験があるのかもしれません。

戦闘

圧倒的な自由度を誇るサイバーパンク2077は戦闘でも様々な選択肢があります。

銃で黙らせるも良し、強力なサイバーウェアの能力で迎え撃つのも良し、敵をハッキングして無力化するのも良し、交渉して戦闘を回避するのも良し、プレイヤーの選択次第で戦闘スタイルも変わってくるでしょう。

銃の種類はハンドガンからテックライフルまで多種多様、近接戦に特化した”マンティス・ブレード”などもデモプレイで明らかになっています。

神経に直接アクセスして無力化することも可能です。ギャングの1人からアジトのネットワークに侵入し建物の構造、人員の配置などを確認することができ、スキルの能力が上がれば敵の分隊全体に悪影響を与えるソフトウェアの実行も行うこともできるとのこと。

そして、上で挙げられた情報はすべてデモプレイの極一部であるということです、製品版ではより多くの種類の武器や能力が存在するでしょう。正直デモプレイだけでも情報量が多すぎてついていけてません。

サイバーウェアの搭載や強化

闇医者が経営しているクリニックでは、光学スキャンを取り付けて(義眼を交換して)対象にズームできるようにしたり、皮膚にスキャンを埋め込んで銃とリンクさせたり、とサイバーウェアの搭載や強化をすることができます。

腕から刃が出るサイバーパンク2077の中でも最も特徴的な武器”マンティス・ブレード”もクリニックで搭載、強化ができるのかもしれません。

なぜ期待されているのか

なぜ多くの人がこれほどまでにサイバーパンク2077に期待するのか?

それは「CD PROJEKT REDという会社が新作を出す」という点が大きいでしょう。

CD PROJEKT REDが制作したゲームと言えば「ウィッチャー」が有名です。特に「ウィッチャー3 ワイルドハント」はThe Game Awards 2015で「ゲームオブザイヤー」を受賞するほど世界中で評価されたゲームです。

ウィッチャー3はサイバーパンク2077と同様にオープンワールドRPGです。特徴としては、自由度が高く、プレイヤーの選択や行動によってストーリーの結末が大きく変わるという点です。サイドクエストの結果によってメインクエストの内容が変化し、エンディングに影響する。プレイヤーごとにまったく違う体験を与えてくれるのです。

次々にイベントが発生し、クエストをクリアするとまた別のクエストが現れます。クエストに向かう途中にクエストが発生し、歩いているだけでもクエストに巻き込まれます。「歩くだけでイベントに巻き込まれるゲーム」と言われるくらいにイベントの量が多く、一つ一つのイベントがしっかりと作りこまれているのです。

まさにオープンワールドの理想の形、「ウィッチャーを作り上げた実績」がサイバーパンクの期待を高めているのです。

まとめ

待ちきれねぇ!

発売日を知った心境としてはこの一言です。待ちきれません。あと10か月もどのようにして過ごせばいいのかと気が遠くなります。

発売日は2020年4月16日、PS4、Xbox One、PCに対応しています。

首を長くして待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です