【ドラクエビルダーズ2】設計図を敷いても住人が建築してくれない時の解決法

みなさんは「ビルダーペンシル」をよく使いますか?

ビルダーペンシルは気に入った建築物を設計図化し、好きな場所にコピーできる道具です。設計図を敷けば住人が建築してくれるので、プレイヤーは何もする必要はありません。

建築が苦手な人でも豪華なお屋敷が作れちゃう夢のアイテム!サンドボックスゲームの完成形を見た気がします。

それくらい、ビルダーペンシルの機能は素晴らしい!

しかし、少し問題が発生!

設計図を敷いても誰も建築せず一向に作業が進まないという状況になる人が多いみたいです。

ベルで住人を呼び寄せても、背を向けて走り去る彼らの姿を見たことはありませんか?

なぜ設計図を敷いても住人が建築してくれないのか?その原因と解決策を紹介します。

なぜ住人は建築してくれないのか?

収納箱に必要なアイテムを入れているのに建築が始まらなかったり、完成していないのに酒場に帰ってしまったりと建築が進まず困っている人が多いと思います。

なぜ建築してくれないのか、その原因を見ていきましょう。

収納箱のアイテムが足りていない

収納箱にアイテムが入っていないと建築を始められません。

住人は大雑把にですが1段目から上に積み上げるように建築していきます。もし1段目に必要なアイテムがない場合、作業を止めてしまう住人が現れます。住人が吹き出しで「~がないぞ!」といっているので確認しましょう。

染色したアイテムが見落としがち。

設計図を敷いたとき、作業台に必要な個数が表示されるのですが「染色がま」には表示されません。また、設計図の近くではない別の場所の収納箱に必要なアイテムが入っている場合も表示されないので注意が必要です。

住人が建材を勝手に持って帰ってしまい、キッチンの収納箱に入っていることもあります。

収納箱の設置は必要最低限にしましょう。

飯の時間

ビルダーズ2の世界では何よりも飯の時間が優先されます!

住人には生活サイクルがあります。生活サイクルに従い行動するので、建築中でも飯の時間になると仕事を切り上げて帰ってしまうことが多いです。

解決策としては、住人が飯を食べ、トイレを済ませた後にベルで設計図の近くに呼び戻しましょう。数人は建築を再開してくれるはずです。

ですが、だいたいの住人は飯を食い終わった後、レジャー施設(プールなど)に行ってしまうので確実な方法ではありません。

レジャー施設を壊す、または諦めましょう!

一日に出来る作業には限りがある。

住人が1日の間にしてくれる作業の量には限界があります。(ストーリーの場合は別)

作業を終えた住人は吹き出しで「頑張った!」的なことを言い、ハートを落とします。ハートを落とした住人がもう一度建築するにはある程度の時間が必要です。

住人の生活サイクルの面から、時間的な制限もあります。

設計図が敷かれている場所に移動する際も時間が経過しているので、開拓地の開発規模にもよりますが、1日1回ハートを出せば仕事をした方です。

大きな建築物になるほど時間もかかるので、のんびりと待ちましょう。

高い場所に作ろうとしている

住人は全員ビルダーアイが使えるので、ある程度の高さまでなら足場なしでも問題ありません。

しかし、あまりにも高い場所は住人でも届かないので建築できず、作業が止まってしまいます。

解決策として、はしごで足場を作ってやれば建築してくれます。ですが、はしごの移動で時間がとられるので自動建築のペースは落ちます。気長に待つ以外ありません。

住人が壊せない物を置いている

設置場所が間違っているブロックは住人が片付けてくれるのですが、収納箱などは壊せません。

住人が吹き出しをだしてくれるので、邪魔な収納箱を壊してあげましょう。

設計図を敷く前に整地しておくと楽です。

建築する際に頼りになる仲間

住人の職業によってアイテムを持てる量、建築量、建築のスピードが異なります。

ここでは、建築をする際に役立つ仲間を紹介します。「住人名簿」で移動させましょう。

仲間モンスター

仲間になったモンスターは食事をしません。

建築のスピードは遅いですが、常に働いてくれるので住人よりも多くの作業をこなしてくれます。

特にオススメはゴーレムです。アイテムを持てる量が多いうえに、背も高いので、背に乗れば足場代わりにもなる優秀な子です。

他にもスライムおおきづち系の仲間が建築を手伝ってくれます。

建築ができない仲間モンスターもいるので注意!

あらくれ

あらくれは建築のスピードがとても速いという特徴を持っています。

おまけに移動速度も速いので、すぐに現場に駆け付けてくれます。

建築を早く完成させたい時は、あらくれを大量に投入するのが効果的です。

商人

意外と建築を頑張ってくれるのが商人です!商人はなんと夜に建築します。

ただし、商人が夜に建築してくれるのは「道具屋」の機能を持つ部屋がないことが条件です。

道具屋があると商売を優先します。さすが商人!

夜になったらベットで寝て朝にするのもいいのですが、いちいち寝るのが面倒だったので私は商人を採用しています。

まとめ

設計図を敷いたとしても、住人には生活サイクルがあり、建築が最優先事項になることはありません。

飯を食えばトイレもするし、夜に眠ります。

建築はすぐに出来るものでもないので、気長に完成を待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です