【MHWI】怒り喰らうイビルジョーの対策装備を紹介:太刀装備【アイスボーン】

皆さんはもう「怒り食らうイビルジョー」と戦ったでしょうか?

アイスボーン攻略中にたびたび乱入して来るのですが、ストーリーとは直接関係のないモンスターなので、討伐を後回しにしている人も多いでしょう。

私もマスターランク100を超えてからようやく戦いました。

あれ?アイスボーンのモンスターの中で最強じゃないですか?

みごと、アイスボーン初の3乙を頂きました。アイスボーン真の裏ボスは実はイビルジョーなのではと思うほど、非常に手強い相手です。

ということで「怒り食らうイビルジョー」と安定して戦えるような対策装備を考えてみました。(太刀装備)

苦戦している人は参考にしてみてください!

怒り食らうイビルジョーの対策装備を紹介

武器:飛竜刀【月】 耐防珠
頭:EXカイザークラウンβ 耐震・体力珠
胴:EXゾラマグナハイドβ 痛撃・体力珠、痛撃珠
腕:EXカイザーアームβ 耐防珠II、転福珠
腰:EXカイザーコイルβ 達人珠II、超心珠、達人珠
足:EXガルルガグリーヴβ 転福・体力珠、超心珠×2
護石:攻撃の護石  

怒り食らうイビルジョー相手に欲しいスキルは「防御力ダウン耐性」と「耐震」の2つです。

ハンターの防御力が下がっている状態で攻撃を食らうと、体力を大幅に持っていかれるので注意。防御力ダウン耐性を積めば、防御力を下げされずに済みます。忍耐の種で回復する手間を省くことが出来るのでおすすめです。

また、イビルジョーは振動効果のある攻撃を繰り出してきます。身動きが取れなくなり、被弾してしまうことがよくあるので、対策として「耐震」を付けています。

他にも、龍属性やられを利用して「災禍転福」を発動させるのもおすすめです。

ですが、装飾品が重たくなってしまうので無理に付ける必要はありません。護石や転福珠を削って上手く調節してみてください。

以下、怒り食らうイビルジョーと戦う際に注意したいことのまとめです。

怒り食らうイビルジョーの特徴

イビルジョーの特殊個体。

通常種が極限の飢餓に陥り、見境なく捕食しようとしている状態が「怒り食らうイビルジョー」です。

常に赤い内側の皮膚が見えるのが特徴的。

肉質と耐性

怒り食らうイビルジョーに対して有効な属性は「」と「」、状態異常攻撃は全て効果的です。

弱点は「」、「」、「尻尾」ですが、図体が大きいので近接武器の人は攻撃を当てるのが難しいでしょう。

基本はクラッチクローで傷つけた足を狙いつつ、ダウンや状態異常を駆使して弱点部位を攻撃していく立ち回りになると思います。

常に怒り状態

怒り食らうイビルジョーは基本的に常に怒り状態です。

ですので、クラッチクローによる「ぶっ飛ばし」は戦闘序盤でしか狙うことは出来ません。

下手にクラッチクローでしがみつくと反撃を食らってしまうので注意しましょう。

大型モンスターを狙う

イビルジョーは見かけた生物に手当たり次第攻撃する習性があるようです。

別の大型モンスターが近くにいる場合、ハンターよりモンスターを優先して狙うとのこと。

普段は「肥やし弾」を撃ってさっさと追い払うのですが、怒り食らうイビルジョーを相手にするときはあえてモンスターを乱入させたままにするのも1つの手です。

別のモンスターに気を取られている間に攻撃しましょう。

落とし穴を使う時は注意

イビルジョーには罠が効果的です。

シビレ罠はそれほどでもありませんが、落とし穴では比較的長く拘束することが出来ます。

近接武器では届きにくい弱点部位を攻撃できるので、大きくダメージを稼ぐチャンスです。

しかし、イビルジョーは落とし穴にはまっている最中も攻撃を仕掛けてくるので注意しましょう!

正面を避け、後ろから攻撃する必要があります。

注意すべき攻撃

龍属性ブレス

怒り食らうイビルジョーの「龍属性のブレス」に注意しましょう。

主になぎ払うブレス、一定時間その場に留まり続けるブレス、直線的なブレス、噛みつき攻撃時にブレス、必殺技の5種類のパターンがあるのですが、どれもこれも強力な攻撃ばかりです。

特に「一定時間その場に留まり続けるブレス」は攻撃範囲が広く、避けにくい攻撃です。他の技と同時に被弾してしまうとあっという間にキャンプに送られてしまうので注意が必要。

ブレスに被弾すると「龍属性やられ」になり、武器の属性が無効化されてしまいます。

属性武器を装備している人は大幅に攻撃力を下げられてしまうので、すぐに「ウチケシの実」などで回復しましょう。

防御力ダウンの噛みつき

イビルジョーの唾液は強酸性で、噛みつき攻撃を受けると防御力がダウンしてしまいます。

怒り食らうイビルジョーの攻撃力はとても高いので、防御力がダウンしている状態は危険です。

すぐに「忍耐の種」や「硬化の粉塵」を利用して防御力ダウンを解除しましょう。

特にマルチで戦う場合は必須です!

拘束からのタックル

イビルジョーのジャンプ攻撃は拘束効果があり、ハンターは身動きが取れなくなります。

拘束された時のために、モンスターを怯ませることが出来るスリンガーを装着しておきましょう。クラッチクローで回避することも可能です。

まとめ

以上、怒り食らうイビルジョーの対策装備の紹介でした。

紹介しておいてなんですが、装飾品が重すぎますよね(・・;)

装飾品が足りない人は「防御力ダウン耐性」と「耐震」だけ積んでおけば大丈夫!

イビルジョーは太刀にとって罰ゲームみたいな相手です。武器によって相性が大きく異なるでしょう。正直ガードできる「ランス」や「ガンランス」で戦うのが手っ取り早いです。

無理せず違う武器を担いだ方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です