【ドラクエビルダーズ2】ユグノア城下町:地形編 

過去に「ユグノア城下町を再現してみた」という記事を書いたのですが、周辺の地形は手付かずのままでした。

ユグノア城下町がある程度形になったので、今回は周辺に自然を生やしていこうと思います。

地形作りの大変さを思い知りました!とっても大変!

一から地形を作りこんでいる人は本当に尊敬します。

前回までの地形

地形を作る前のユグノア城下町の画像です。

土台部分まで完成させた後、かなりの間放置していました。ごめんよ、ムーンブルグのみんな。

最終無料アップデートまでに仕上げないと色々とマズイので、重い腰を上げて地形作りに取り掛かることにしました。

さっそくドラクエ11を起動しゲーム内を観光、地形の調査を始めます。

ユグノア城下町の周辺は自然で溢れていて、木々や野花が多く見られます。城下町を取り囲むように川が流れ、高低差のある地形が特徴。魔物の襲来によって建物の多くが半壊、緑化が進んでいます。

左に進むと海が見渡せる場所があり、崖下には小さな小屋があります。(マルティナと一緒に雨宿りした場所)

【ドラクエビルダーズ2】マルティナと一緒に雨宿りした小屋を再現!小屋の作り方を解説

どこから手を付けていいのか分かりません!

地形作り開始

とりあえず地面を「草原ブロック」に張り替える作業からスタート。

素材島から10スタック(999×10)ほどブロックを集め、地面をリフォームしていきます。かなり広いので心が折れかけました!

リフォームついでに建物をいくつか追加。「しげった葉っぱ」で植物に侵食された感じを再現。

木を適当に何本か生やしたら雰囲気が出て良い感じに。「くすりの葉」がいい味出しています。

順調に作業を進める中、問題が発生!

画像では木で隠れていますが、左に少し進むとその先は海です。城下町が思った以上に大きくなりすぎてしまったので、土地が足りなくなってしまいました。

急遽、土地を拡大することに!

海からはみ出すのもお構いなしに、足場を伸ばしていきます。海底までブロックを埋めていく作業が面倒だったので中は空洞のままです。

空洞を作ったらゲームが重くなる」という情報も耳にはしているのですが真偽は不明。検証するのも難しいので、どうしたものかと悩みました。

どうせ空洞にするならば何か作ろうということで、海底洞窟をビルドすることに。

ドラクエ6の海底洞窟をイメージ。人魚からマーメイドハーブをもらうことで行けるようになる場所です。

「海に潜るとその先に洞窟が!」って最高のシチュエーションだと思いませんか?洞窟に飛び込むしかないじゃないですか!

取れそうで取れない場所に宝箱を置いたりとRPG心を掴まれます。

洞窟の奥に神殿の入り口を設置しました。

若干、ドラクエ5の「海の神殿」の入り口に似ていますね。エルヘブンへと続く水の回廊です。

今後、ユグノア城下町の下までつなげようと思います。アーウィンが倒れた地下通路も再現しようか検討中。

終わりが見えない…

今回の進歩のまとめがこちら!

川も流れて自然らしくなったのではないでしょうか?

オリジナルとは多少違う部分がありますが、目をつぶってください。

建築はひとまず終了、最終無料アップデートが来るまで再び放置します。植物の自生をOFFにできるようになったら草を生やしていこうと思います。

右側に空いたスペースをどうするか考え中。完成はまだまだ先になりそうです。

終わり

ユグノア城下町をTwitterでアップしたところ、多くの方に「いいね」をもらうことが出来ました。嬉しい!

「いいね」を押してくださった方、本当にありがとうございます。

Twitter始めたばかりの初心者ですが、出来る限り反応するのでどうか宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です