【ドラクエ5】評価が高い理由とは?6つの魅力を紹介!

ドラクエシリーズ初の3DCGアニメ映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」はもうご覧になりましたか?

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」は「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」をモチーフに作られた作品です。映画を観てドラクエ5に興味を持った方もいるのではないでしょうか?

ということで、今回は映画のベースとしても選ばれた「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」とはいったいどのようなゲームなのか紹介します。

ドラクエ5の魅力をまとめてみました。

ドラゴンクエスト5とは

ドラゴンクエストシリーズの5作目。

1992年9月27日にスーパーファミコン用のゲームとして発売されました。

リメイク版として2004年にPS2、2008年にDSで発売。2014年にはスマホにも移植されています。

私が遊んだのはPS2版とDS版です。特にPS2版は人生で初めて遊んだゲームだったので深い思い出があります。

情報:公式サイト

ドラクエ5の評価が高い理由とは?6つの魅力を紹介!

ドラクエ5を一言で表すならば「人生」です!

人生のすべてをドラクエ5が教えてくれたといっても過言ではありません。

あまりにも魅力な部分が多いので何から話せばいいのか悩みましたが、ドラクエ5の魅力を6つの要素ごとにまとめてみました。

親子三代の物語

ドラクエ5はストーリーが進むにつれて、主人公が成長した姿を見ることができます。

物語は「幼少時代」、「青年時代前半」、「青年時代後半」の3つの時代に分かれています。

ゲーム序盤の「幼少期」では、幼い主人公と父「パパス」の2人で旅をすることになります。「青年時代前半」では1人旅を経て結婚、「青年時代後半」では妻と子供と共に冒険に出ます。子が成長し大人へ、そして親となっていきます。ドラクエ5は親子三代の物語が魅力的です。

旅の目的は行方の知れない主人公の母親を探すこと。母を探す旅は「青年時代後半」の最後まで続き、物語の鍵となっています。冒険を進めるうちに、なぜ母は姿を消したのか、その謎が明らかになっていきます。

人生最大の決断

物語中盤、主人公は誰と結婚するかという人生において重大な決断を迫られます。

左から大富豪の娘「フローラ」、幼馴染の「ビアンカ」、DS版で登場した追加キャラ「デボラ」の3人の嫁候補達から一人を選ぶことになります。選ぶのはプレイヤー自身、誰を選ぶか悩み、寝込んだ人は少なくないはずです。

今でも誰を嫁にするべきか論争が定期的に繰り広げられます。それくらい難しい問題です。

人生において決断しなければならない時が必ず来る!ということを教えてくれました。

ちなみに私が選んだのは「ビアンカ」でした。幼馴染の「ビアンカ」以外に有り得ない!…おや、誰か来たようだ。

宿敵

ドラクエ5には幼少時代から長きに渡る因縁の宿敵が存在します。

その名は「ゲマ」、ドラクエ5の世界で活動する「光の教団」の幹部です。ゲーム内では中ボスの立ち位置。

「光の教団」は、表向きには平和のために活動する宗教団体であり人々から評判を集めていますが、実際は魔物の組織で極悪非道の限りを尽くしています。

幹部である「ゲマ」も非常に残酷な性格で、多くのプレイヤーに強烈な印象をもたらしました。その存在感の大きさから「ラスボスの影を薄くしてしまった」張本人です。大魔王の名前を忘れるレベル。

何度も主人公たちの前に現れ、立ちはだかります。まさに、主人公たちが倒さなければならない宿敵なのです。

魔物を仲間にできる

ドラクエ5では倒したモンスターを仲間にすることができます。

敵を倒すとたまに「仲間になりたそうにこちらを見ている」モンスターが現れ、仲間にしてあげると喜んで馬車に駆け込んでいきます。

仲間モンスターは非常に優秀でお世話になった人も多いはずです。「スラりん」、「ピエール」、「ブラウン」、「ゴレムス」などモンスターに名前が付き、より愛くるしくなります。

ただの戦闘であっても、「仲間にならないかなぁ」といった期待が持てて非常に面白い要素でした。

仲間システムは「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズにも受け継がれています。

すごろく場などのミニゲームが面白い!

PS2のリメイク版から登場した「すごろく場」はドラクエ5のなかでも非常に人気の高いミニゲームです。

出たサイコロの目だけ進み、マス目によってイベントが起こるドラクエ版のすごろくです。限られた回数までにゴールすると冒険で役立つお宝を入手することが出来ます。

各地に散らばる「すごろく券」を握りしめ、すごろく場に通ったのは良い思い出です。

その他のミニゲームとして、定番の「カジノ」やDS版では「スライムタッチ」というタッチペンを使った遊びができます。

ミニゲームの種類が多いのが魅力的です。

BGMが素晴らしい

ドラクエといったら「すぎやまこういち」先生の音楽です。

特にドラクエ5のフィールドで流れる「地平の彼方へ」は、まさに冒険している感じが出ていて最高です!

父と共に旅をしていた懐かしい感じ、1人だけで旅をする不安、家族と共にまだ見ぬ土地へ冒険に出かけるワクワク感などをすべて表現したかのような音楽です。

音楽が本当に素晴らしい!

どのプラットフォームで遊べばいいのか?

今の時代、PS2やDSを持っていない人も多いと思います。お手軽に遊べるスマホ版が良いのではないでしょうか?

基本どのプラットフォームで遊んでも問題はないと思います。十分にドラクエ5の魅力が伝わることでしょう!

しかし、それでもオススメしたいのがPS2のリメイク版です!

PS2版はグラフィックが3Dで非常にきれいになっています。

DSやスマホ版では規制やハードの問題により、重要なシーンがあっさりと終わってしまいます。しかし、PS2版は3Dのムービーが入り、シーン限定の演出まであります。

よりゲームに感情移入することが出来るでしょう。ゲームの印象も変わってくると思います。

無理にとは言いませんが、もしお手元にPS2があるのならば遊んでみて欲しいです。

「スーパーファミコン ミニ」にドラクエ5が移植されるのがベストなのですが、出るという情報はありません。悲しい。

終わり

映画を観てドラクエ5に興味が湧いた方はぜひ遊んでみてください。

普段ゲームをしない人、ドラクエシリーズを遊んだことがない方でも楽しむことが出来ると思います。

シリーズ物で5作目ですが、前作との物語のつながりはないので安心してください。

ドラクエ5の魅力が伝われば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です