ドラクエ11の魅力を紹介!ドラクエを遊んだことのない人でも楽しめます!

ドラゴンクエスト」というゲームをご存知でしょうか?

ドラゴンクエストは日本を代表する国民的RPGゲームです。ナンバリングタイトル(正式な続編)だけでも11作あり、スピンオフ(派生製品)も数多くの作品があります。

多くの人に愛されているドラゴンクエスト。

しかし、「数が多くてどの作品から遊んでいいかわからない」という声を聞くことがあります。

ドラクエは基本どの作品から始めても問題なく遊べます。途中から始めたから話がわからない、というようなことはありませんが、やはり気になってしまうのも事実。

最初に遊ぶべきドラクエシリーズは何か、色々と意見が分かれますが、私は「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」をオススメします。

ドラクエ11の魅力を紹介

なぜドラクエ11がオススメなのか?ドラクエ11の魅力を紹介していきます。

ドラゴンクエスト11はPS4と3DSで発売されています。自分の好きな方のハードで問題ありません。

私はPS4版をプレイしました。

勇者が魔王を倒す王道RPG

ドラクエと言ったら「勇者」と「魔王」です。勇者が仲間と力を合わせて戦い、魔王を倒します。

主人公はイシの村で暮らす少年で、幼馴染のエマと共に成人の儀式として神の岩を登ることになります。道中、魔物に襲われてしまうが主人公の不思議な力で魔物を撃退。儀式で起こったことを母のぺルラに話すと「お前は勇者の生まれ変わりなんだ」と教えられます。そして勇者の使命を果たすべく、冒険の旅に出るというのが物語のあらすじです。

まさにRPGの王道である勇者の物語がドラクエ11の魅力なのです。

冒険、仲間との出会い、迫りくる魔王の脅威に興奮すること間違いなし!ドラクエの世界観を知るにはもってこいのゲームです。

シナリオが素晴らしいの一言

ドラクエ11はシナリオ、ストーリーが本当に面白い!

二転三転するストーリー、多くの伏線、中盤と終盤のどんでん返しに驚きの連続でしょう。

勇者とは何か?など心にグッとこみ上げてくるセリフ、シーンが数えきれないほどあります。ぜひ、大人の人にも遊んでほしいゲームです。かつての自分と重ねて泣いてしまうでしょう。私は泣きましたね!かつてないほどに泣きました!

涙なしでは語れないのがドラクエ11です。

終わらない冒険

ドラクエ11はゲームをクリアしても冒険が終わることはありません!ゲームをクリアしてからが本番です!

ゲームのボリュームとしてはストーリー本編をクリアするのに50時間くらいかかります。しかし、クリア後のやりこみ要素を加えると100時間を超えます。

やりこみ要素というよりは追加シナリオと言った方が正しいでしょう。クリア後に明らかになる真実も多く、ドラクエ11のサブタイトル「過ぎ去りし時を求めて」の意味も理解することになります。クリア後も泣いてしまうこと間違いなし!私は泣きました!

クリア後の冒険もきっと楽しめることでしょう。

絶妙なゲームバランス

ドラクエ11はゲームバランスがとても素晴らしい。

大抵のRPGは仲間が多くなればなるほど、使えないキャラクターが出てきてしまいます。ステータスが低かったり、ショボい技しか覚えなかったり、役割がかぶっていたりして万年補欠の可哀想な仲間が出てくるのです。

しかし、ドラクエ11には弱い仲間が1人も存在しません!みんな違ってみんな良い!

各キャラ誰もが主役になれるほどのポテンシャルを秘めていて、役割もかぶることなく、個性的な仲間ばかりです。ですので、誰をパーティーに入れるか考える楽しみが生まれ、様々な戦略が生まれてきます。

これほどバランス調整完璧なゲームあるのだろうかと驚きました!敵の強さ、レベルが上がるまでの間隔、戦闘スピード、各キャラの役割、ステータス、どれを取っても完璧なバランスなのです。

ストーリーを進めるだけで適正レベルに近づくような調整なので、レベルを上げるため何度も戦う必要もなく、ストレスもありません。シンボルエンカウントなので戦いたい時だけ戦えば良いのも親切な所です。

誰にでも遊ぶことができる難易度にも関わらず、とても奥が深いのがドラクエ11です。

ドラクエらしさ

グラフィックが進化し、3Dとなってもドラクエらしさが薄れるようなことはありません。

世界観、町の様子、風景などまさにドラクエといった感じに仕上がっていて、細部まで細かく作りこまれています。注意深く探索してみれば面白いものを見つけることができるでしょう。

何気ない場所にちょっとした小ネタを仕組んでいるのもドラクエらしさかな?

過去作の良いとこ取り

過去作を遊んだことがある人には「あっ!」と驚くような展開がちりばめられています。かつてのドラクエシリーズの思い出がよみがえってくることでしょう。「このBGMをここで出すのかぁ~(しみじみ)」など過去作のファンの人にはたまらないはず。

やはり過去作を遊んでいないと楽しめないのでは?と思うかもしれませんが心配ありません。ドラクエ11を遊んだ後に「あっ!」と驚けばいいのです。

ドラクエ11は過去作の良いとこ取りで、ドラクエの歴史が詰まっています!

ドラクエの魅力を存分に詰め込まれたドラゴンクエスト11は、まさにシリーズを始めて遊ぶ人にオススメのゲームだと考えます。

マルティナが美しい

私が一番好きなキャラクターのマルティナです。セーニャ派、ベロニカ派、エマ派など派閥がわかれると思いますがご勘弁願います。私はマルティナが好きなのです!

マルティナは誇り高き女武闘家で、とある国のお姫様でもあります。凛とした佇まいで気品のある女性ですが人当たりが良く、優しく微笑む姿も見られます。まさに理想のお姉さん!

戦闘でもとっても頼りになる存在。性能的には高い攻撃力、会心率の高さでアタッカーの役割を果たします。敵単体に対して高いダメージを与えられるスキルがそろっているので特にボス戦で頑張ってくれます。いったい何度助けられたことか、さすが姉さん!

そして、ドラクエ11のお色気担当でもあります!しかも、パーティー加入時にぱふぱふを習得済みです!いったいどういうことなのでしょうか?気になって仕方がありません!

「おいろけ」のスキルは強力は全体攻撃技を覚えたりと結構優秀で戦闘に役立ちます。マルティナのスキルポイントはまず「おいろけ」に全振りすることをオススメします。けっしてやましい気持ちはありません、けっして!

ボイス有りのスイッチ版も発売予定

ドラクエ11Sが2019年秋に発売予定です。

スイッチ版にはボイスが付き、ボイスキャストも発表されています。各キャラクターが主人公となる追加ストーリーもあるとか!

ボイスが欲しい人は秋まで待つのもひとつの手です。

さいごに

ドラゴンクエスト11には、思い出補正のある過去作のドラクエシリーズをも上回る面白さ、感動があります。ドラクエファンの人はもちろんのこと、シリーズを遊んだことのない人も楽しめると思います。

ドラクエデビューしてみませんか?

かつて子供だった頃、夢中でゲームを遊んでいたあの感覚を思い出させてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です