今の時代に攻略本を買うメリットとは?

今の時代に攻略本なんて必要ない!

ネットで調べれば全ての情報が得られるのに、今時攻略本を買う意味が分からないと考える人も多いでしょう。実際に私も攻略本なんて必要ないと思う側の人間でした。

しかし、その考えは間違いです!

攻略本が必要ないという考えは2016年~2017年頃の話、2019年現在では攻略本が求められている時代なのです。

今回の記事では、今の時代に攻略本を買うメリット、攻略本が求められているネット検索の背景を紹介したいと思います。

攻略本なんて必要ないと考えている方も、改めて考えてみてください。

今の時代に攻略本を買うメリットとは?

攻略本を買う一番のメリットは「正しい情報が手に入る」ということです。

自分のブログを棚に上げて申し訳ないのですが、ネットの検索で手に入る情報はかなり質が低いです。Twitterを眺める方が遥かにマシなレベル。

年々、ネット検索の質が下がりつつあります。

ゲームでも同じ。例えば、有名なゲーム「モンスターハンターワールド:アイスボーン」の場合のことです。

低確率で入手できるレアアイテム「大竜玉」を効率的に集める方法はないかと検索してみました。

レアアイテムの大竜玉は本来、モンスターを倒した報酬や錬金(素材交換)でしか入手することが出来ないのですが、検索結果の中に「交易船で入手できる」という間違った情報が表示されています。

なんと検索上位に表示される10記事中4記事が間違っているという結果に!

他にも探せばキリがありません。正しい情報を探すだけで一苦労、いくつもサイトを行き来しなければならないのが現状です。

今の時代、ネットの検索を当てにすることが出来なくなりました。

一周回って攻略本が最も信頼できる情報となったわけです。

2019年にもなって、どうしてネット検索が上手く機能していないのでしょうか?

なぜネット検索の質が下がったのか?

ネット検索の質が下がった原因は「企業型ゲーム攻略サイト」の存在です。

インターネット検索で上位に表示されるほど、多くの人に見られるということになります。そして、検索上位に表示させるためにサイトを最適な状態に近づけていくことをSEO(検索エンジン最適化)と言うのですが、SEOに取り組むうえで最も効率的な方法は「記事を大量に生産する」ことなのです。

企業型ゲーム攻略サイトはお金で何人もライターを雇い、記事を大量に量産する形をとることで、検索結果の上位を独占しています。当然、質が低い記事が混ざりサイトの評価が下がるわけですが、それを補って余る大量の記事数でカバーしているのです。

結果、質の低い記事が上位を独占し、検索結果を汚染してしまいました。「ゲーム名 攻略」で検索してみてください。おそらく似たようなサイトが乱立するはず。

上で挙げたような事実を理解している一部のゲーマー達は、企業型攻略サイトに嫌気がさし、TwitterやYouTubeに流れていきました。個人で発信している分、情報の責任もはっきりと見てわかるのがポイント。(あってないようなものですが)

また、良質は記事を生み出していた個人や中小の攻略サイトは稼げなくなったため、どんどん潰れていき、信頼できる情報元が減ってしまったのもネット検索の質を下げた原因の1つ。

ネットで何でも調べられるようになり「攻略本なんて必要ない!」という時代になったのに、気がつけば攻略本なしでは正しい情報が見つけられなくなっていたわけです。

何とも馬鹿げた話ですね。

正しい情報を得るために必要なこと

正しい情報を手に入れるためには「より複数のメディアで情報を集める」ことが必要です。

そして、手に入れた情報が検索上位のサイトから入手したもの、人気で有名な人が発信していた情報だったとしても、鵜吞みにせず情報の裏を取るようにしましょう。

数年前と同じように、まずは情報を疑うことから始めなくてはいけません。

めちゃくちゃ不便な時代になりましたよね?

情報を探して、本当に正しいのかいちいち確認していく作業。正直言って面倒くさい。いつの時代だよとツッコまずにはいられません。

多くの方が昔と同じように情報を鵜吞みにしゲーム内で行動するわけですから、コミュニティ内で問題が起きるのも当然。ゲームの雰囲気も悪くなります。

本当に不便です。

攻略本を買うことを強くおすすめします!

もちろん、企業型ゲーム攻略サイトの情報全てがダメなわけではありません。

ライト層の方ならネットだけで充分な情報を集めることが出来るでしょう。

しかし、ゲームをやり込みたい人、ゲームをより深く知りたい人は攻略本を買うことを強くおすすめします。

ネットで検索し、正しい情報がどうかを確かめる手間を減らすことが出来ます。欲しい情報に直接飛べるのも魅力的。

攻略本なんて必要ないと考えている方も、改めて考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です